お尻が大きいとモテる!?国によって全然違う!

デカ尻の対策はストレス無き運動やストレッチの継続に

私は結構他人からも指摘を受け、また鏡に映った自分自身を見てもそう思うのですが、一言で言うとお尻が大きいのです。

 

腰のラインから強烈に臀部にかけて後方に突き出す様は、豊満なヒップと言うよりはむしろ不格好という言葉の方がピッタリであり、気にし出してからはかなりのコンプレックスとなっていたのは事実です。もちろん気になり出すまでは特に対策も立てていなかったのですが、気になり出してからは色々と調べたりしてみました。結局骨格や筋肉の付き方といった個人差の範囲内である可能性が高く、結局将来的に起こり得るリスクとして大きなお尻の垂れを防ぐ為のトレーニングやストレッチを常に行う事が重要であるという結論に達したのです。

 

とは言っても特別な運動では無く、常に臀部の筋肉に適度な刺激を与え緩みを防止するというコンセプトの運動がメインとなりました。日々の軽いスクワットや階段昇降といった簡単なメニューに加え、オフ日には座りながらのヒップアップを始め強く刺激を与えるトレーニングやストレッチもネットを参考にしながら取り入れ、現在に至るまで飽きずにこなし続けています。また臀部への刺激という意味ではアップダウンのきつい野外でのウォーキングやジョギングも必須で、丸々1日暇が取れる休日にはじっくりと自宅周辺の丘陵地や海岸線を走っています。

 

こうした心掛けもあり、意識して動き出してから数年の間、特にお尻が垂れみっともない姿になるという事も無く持続出来ています。日々のトレーニングやストレッチに楽しさやストレス解消を見出せているのも一つの理由かも知れません。